ANAパース直行便で行ってきました!英文

  • 2020.01.07 Tuesday
  • 09:48

I recently flew to Perth on the new ANA Narita to Perth direct flight.
It was a really good experience.  Although the flight was pretty full,
it was comfortable.  The plane was a  brand new Boeing 787  Dreamliner.
The service was great, and the food was pretty good.
The outward flight leaves Narita at 11:50 AM - quite a convenient time 
for me.  No sooner were we in the air than lunch was served!

 

私は最近、新企画の全日空(ANA)成田ーパースの直行便でパースに行ってきました。
フライトはかなり満員でしたが快適で、良い経験になりました。
飛行機は真新しいボーイング787ドリームライナーでした。
機内のサービスは素晴らしかったし、機内食はとても良かったです。
往路は成田を午前11時50分に出発します。これは私にとってとても便利な時間帯です。
私たちが空中に上がるやいなや昼食のサービスが出されました。

iPhoneImage.png

 

Although the flight was supposed to be 9 hours, it arrived 45 minutes
ahead of schedule on both the outbound, and inbound flights.  I'm not
sure of the reason for this but it was good because I don't like being on
planes longer than I have to.  

 

フライトは9時間の予定でしたが、出発便、到着便の両方で予定より早い45分前に到着しました。
それについての理由はわかりませんが、
予定時間よりも長く機内にいるのが好きではない私にとってありがたいことでした。

 

Of course Perth was really nice at this time of year.  Most of the passengers
were Japanese trying to escape the cold dark December days in Tokyo.  There 
were some Aussies though.  I expect there will be a lot more using the
service when the ski season gets underway.  And probably next year too when 
the Tokyo Olympics start.

 

もちろん、パースはこの時期本当に素晴らしかったです。
乗客の多くは寒くて日が短い12月を逃れようとしている日本人でした。
けれども何人かのオーストラリア人もいました。
スキーシーズンが始まるときはもっ​​と多くのサービスを期待しています。
そしておそらく来年は東京オリンピックも始まります。

iPhoneImage.png

 

I think this flight would also be great for Japanese people who want to brush up their
English with a little Ryugaku holiday.  One of my students who is over there
now told me that the exchange rate is really good at the moment, making 
it quite reasonable.  It's possible to study in the morning, and go sightseeing, or to the 
beach in the afternoon.  For longer term students it is also possible to get a part time
job and work up to 20 hours a week.

 

このフライトは、英語を磨きなおしたい日本人にとっても素晴らしいと思います。
英語と短期留学の休日。
向こうにいる生徒の一人は、今為替レートは本当に良いと言っています。
それはかなりお手頃な価格です。午前中に勉強して、午後に観光やビーチに行くことも可能です。
長期の学生のためなら、パートタイムを取得することも可能です。
仕事は週20時間まで可能です。

 

Getting around was pretty easy too.  I sometimes used public transport, but I hired 
a car because it was more convenient for me.  In Australia cars drive on the left - the same as Japan! I used my Japanese driving license. It only cost me $20 a day for the car - about 1700 yen!
It seems some car rental agencies accept Japanese licenses without an international license. 
But if you definitely want to rent a car without problems, it’s probably best to get 
an international licence before you go.

 

移動も非常に簡単でした。時々公共交通機関を利用しましたが、私はもっと便利なレンタカーを借りました。

オーストラリアでは、日本と同じ左側通行、右ハンドルで、私は日本の免許証で運転しました。
日本の運転免許証での使用は問題ありません。車の値段は1日20ドル、約1700円です!
一部のレンタカー会社は、国際免許なしで日本の免許証だけで受け入れているようです。
しかし、あなたが間違いなく車をレンタルしたい場合は、たぶん出発前に国際免許を取得する方をお勧めします。

iPhoneImage.png


I'm going again in March so if anyone is interested in coming over to study, Spring
is a great time.  And I'll be over there to make sure that everything goes smoothly.

 

私は3月にまたパースにいますので、あなたが勉強に興味があるなら是非来てください。
春は最も素晴らしい季節です。そして、あなたが困ることがないようにお約束します。

iPhoneImage.png
 

JUGEMテーマ:海外語学留学

パース ロットネスト島 ”世界で一番美しいといわれる島”

  • 2019.09.07 Saturday
  • 10:32

"Perth is the best place to live in the world."

Kaoru Kanetaka, Japanese travel journalist.

(Feb 29th 1928 - Jan 5th 2019)

「パースは世界で最も住みやすい場所です。」 日本の旅行ジャーナリスト、兼高かおる

(1928年2月29日-2019年1月5日)

 

Rottnest Island

 

When it come to beaches around Perth, however, I would have to recommend a day trip to Rottnest Island. These are definitely some of the best beaches in the world. Its'a short ferry trip from Fremantle Quay to Rottnest - only about 30 minutes.

There are two ways to get around the island: by bike or by bus. Biking is fun if you are feeling energetic. When I went there recently,I found the buses very convenient. They run every 20 minutes, and you can get on and off for a set daily fee; it's pretty cheap at $20.00 Aud (¥1700), and well worth it.

There are dozens of beautiful little bays with gorgeous beaches. The best thing about my trip was meeting interesting people from all over the world. The atmosphere is really friendly and relaxed. It's also possible to go snorkeling surfing or fishing on the island.

At some of the bus stops there are volunteer guides who can tell you about the animals and birds that live on Rottnest. The lady who showed me around, very kindly shared her knowledge about the wildlife, pointing out some sea eagles, and showing us some cute little furry animals called quokkas.

(To be continued)

iPhoneImage.pngiPhoneImage.pngiPhoneImage.png

 

 

ロットネスト島

パース周辺のビーチには、ロットネスト島への日帰り旅行を勧めなければなりません。
ここは間違いなく世界で最高のビーチのひとつです。フリーマントル埠頭からロットネストまでわずかフェリーで約30分です。

島内は自転車で移動する方法とバスで移動する方法の2つがあります。
元気があれば、自転車は楽しいです。先日行ったときにわかったことは、バスがとても便利だということです。
バスは20分ごとに運行され、1日乗り降り放題です。 料金は20.00ドル(1700円)とかなり安くて内容も充実しています。

島にはいくつもの豪華なビーチのある美しい小さな湾があります。

中でも私の旅で一番良かったことは、世界中の興味深い人々に会ったことです。
雰囲気は皆フレンドリーでリラックスしています。島ではシュノーケリングサーフィンや釣りに行くこともできます。

いくつかのバス停付近には、ロットネストに住んでいる動物や鳥について教えてくれるボランティアガイドがいます。
私を案内してくれた女性は、野生動物についての知識を大変親切に教えてくれ、海ワシがいるところを指で摘して教えてくれたり、クオッカと呼ばれるかわいい小さなふわふわした毛の動物を見せてくれました。

(つづく)

 

iPhoneImage.png

この島でしか生息していないクオッカというワラビー属の野生動物。

おなかに赤ちゃんがいる時の写真は珍しくとても貴重(photo by Kosei)

 

 

JUGEMテーマ:海外語学留学

パースの天気とビーチ

  • 2019.08.11 Sunday
  • 15:39

"Perth is the best place to live in the world."

Kaoru Kanetaka, Japanese travel journalist.

(Feb 29th 1928 - Jan 5th 2019)

「パースは世界で最も住みやすい場所です。」 日本の旅行ジャーナリスト、兼高かおる 

(1928年2月29日-2019年1月5日)

 

The weather and beaches

Well to start with the weather is great in Perth.  The Summer is hot and dry, and the Winter is cool and rainy.  The white sand beaches are a major attraction.  The sea and sky are deep blue, and there's clean fresh air from the Indian Ocean.  Australians love their beach culture enjoying surfing, wind surfing, swimming, running, or just sunbathing on the beach.

All the beaches are nice, but my personal favorites are Cottesloe beach, and South Beach near Fremantle.  There are wide grassy areas under shady pine trees where you can enjoy a picnic, or barbecue.

 

iPhoneImage.png 

South Beach  / Cottesloe beach

 

天気とビーチ

初めは、パースの素晴らしい天気からお伝えしましょう。
夏は暑いけど乾燥していて湿度があまりありません。逆に冬は温暖で雨が多いです。
真っ白い砂浜は最大の魅力です。

海と空は深い青色で、インド洋から新鮮な空気がとても気持ち良いです。
オーストラリア人は、サーフィン、ウィンドサーフィン、水泳、ランニング、

またはビーチでの日光浴を満喫するビーチカルチャーをとても好みます。


どのビーチも素晴らしいですが、私の個人的なお気に入りは、

コテスロービーチとフリーマントル近くのサウスビーチです。
大きな木の下の木陰は芝生で、ピクニックやバーベキューが楽しめます。

 

 

 

JUGEMテーマ:海外語学留学

東京ーパース直行便 ANA全日空9月1日より

  • 2019.08.10 Saturday
  • 13:37

"Perth is the best place to live in the world."

Kaoru Kanetaka, Japanese travel journalist.

(Feb 29th 1928 - Jan 5th 2019)

「パースは世界で最も住みやすい場所です。」 日本の旅行ジャーナリスト、兼高かおる 

(1928年2月29日-2019年1月5日)

 

 

Kaoru Kanetaka was a well known travel journalist whose popular travel show, A Trip Around the World, ran from 1959 to 1990, and covered 150 countries. She inspired an entire generation of Japanese to get out and travel the world at a time when international tavel was rather uncommon. Her program took her to hundreds of cities, but she was particularly impressed with Perth, Western Australia, describing it as the best place to live in the world.

It is, however, also the most isolated capital in the world. Although many Japanese travellers were intrigued by Kanetaka's famous testimony, not many have made the trip there. It is pretty hard to get to from Japan with no direct link available. But from September 1st this year, ANA will commence a direct flight from Tokyo, making the city accessible in 8 hours.

Okay so that is good news, but what are the attractions, and why go there.

 

(To be continued)

iPhoneImage.png iPhoneImage.png

 

兼高かおるさんは、有名なジャーナリストで、彼女の人気TV番組「兼高かおる世界の旅」は1953年から1990年にかけて放送され、150か国を紹介しました。
当時まだ、海外旅行が一般的ではなかった時代に、兼高かおるさんは全世代の日本人にもっと世界をみるように促しました。
その番組でかおるさんは、何百もの都市を紹介しましたが、特に西オーストラリアのパースに感銘を受け、

「世界で最も住みやすい街」であると証言していました。

 

しかしパースは世界で最も行きにくい場所でもありました。
多くの日本人は兼高かおるさんの有名な言葉に興味を持ったものの、なかなか実行されませんでした。
利用可能な直行便がないため、日本からのアクセスは困難でした。

しかし、この9月1日から全日空は東京から直行便を開始し、8時間で市内までアクセスできるようになります。
それは、とても良いニュースですね。
次回はパースの魅力と、その理由についてお伝えします。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:海外語学留学

Santa on the beach

  • 2018.12.11 Tuesday
  • 13:32

Santa on the Beach

 

Some of my students have been asking about the weather in my hometown in this season. They seem surprised when I say that it's pretty hot and sunny around Christmas time. But of course, Australia is in the Southern hemisphere, so the seasons are the opposite to here.

 

At this time of year in Japan the daylight hours are short, and the weather is getting cooler. In Perth on the other hand people are enjoying long hours of sunshine, and looking forward to Christmas at the beach.

 

As a child in Australia, I loved Christmas, but most of the TV content was from England or America, and featured Christmas day with gorgeous Winter scenes, and Santa delivering presents to cosy living rooms by reindeer and sled. I felt vaguely dissatisfied with this because it never snowed in Perth, and I had never even seen real snow in my life.

 

I guess it was in the early 1970's that I first remember seeing greetings cards that matched my experience of Christmas, with Santa on the beach, or surfing Santa. On Christmas day, I would get presents such as beach towels, or swimwear, and enjoy the day at the beach with my family.

 

As you may see from the Christmas card I got from my sister this week, the tradition of Santa on the beach continues.

 

Santa on the beach

私の生徒は、私の故郷の天候について尋ねてきます。私がクリスマスの時期はかなり暑いというと驚くようです。

しかし、もちろんオーストラリアは南半球なので、季節はこちらとは反対ですね。


日本ではこの季節日が短くて、天候は寒くなっています。

一方パースでは太陽の長い時間を過ごし、ビーチでのクリスマスを楽しみにしています。


オーストラリアでの子供のころ、私はクリスマスが大好きでしたが、

TVのプログラムのほとんどはイギリスやアメリカから来ていて、

クリスマスの豪華な冬のシーンに、サンタクロースはトナカイとそりで暖かいリビングルームにプレゼントを届けました。

パースには一度も雪が降ったことがないことをなんとなく不満に感じていました。

それまで私の人生で本物の雪を見たことがありませんでしたから。


私は1970年代初め、サンタクロースはビーチで、またはサーフィンでというクリスマスカードを見たのを覚えています。

クリスマスの日には、ビーチタオルや水着などのプレゼントを手に入れ、家族と一緒にビーチで一日を楽しみます。


今週姉からクリスマスカードが届きました。

そこにはサンタがビーチにいるという伝統がまだ続いているんだなというのがわかります。

 

JUGEMテーマ:クリスマス

 

 

日当たりの良い北向きの部屋

  • 2018.04.06 Friday
  • 17:28

日本で家や部屋を探すとき、南向きの日当たりの良い部屋を探します。

オーストラリアでは、東から登った太陽が西に沈むのは日本と同じですが、

日中の太陽は北側をさします。

オーストラリアの家は北向きに建てます。

庭も北側に作ります。

不動産の物件で少し安いなと思うと南向きだったりします。

 

真夏になると暑いので南の避暑地に行きます。

日本では南が温かいイメージがあるのですが、北半球では反対になります。

 

星座ではオリオン座、さそり座などが反対に見えます。
南半球にしか見えないサザンクロス(南十字星)も見えるので、

オーストラリアへ行ったら是非探してください。

 

JUGEMテーマ:オーストラリア

オーストラリア留学のすすめ

  • 2018.04.01 Sunday
  • 16:48

行徳英会話スクールでは、語学習得最短距離として留学をすすめています。

せっかく、少しでも身に着けた英語を本場で使ってこそ意味があります。

現地で自由に楽に楽しく英語を使いこなせるようになるには、留学が一番です。

 

だからといって社会人には長期の休暇を取ることが難しいので、

有給や転職までの間の休みを利用して1週間からの短期留学があります。

1週間だからと言っても、この1週間身体で覚えて使えた英語は一生忘れることはありません。

 

日本人が義務教育から英語学習に費やしてきた時間数は莫大です。

それなのに、なぜじゃべれないのでしょうか?

それは折角覚えた英語を使う機会がないからです。

しかし、子供の時に乗れた自転車と同じように、使うようになれば再び過去に習った文法が思い出されるのです。

 

では、どこに留学したらよいでしょうか?という質問をよく受けるのですが、

行徳英会話スクールでは、特にこだわりがない場合はオーストラリアを推奨しています。

 

何故かといえば、

オーストラリアは治安が良く、衛生的なので安心です。生水も飲めます。

時差がほとんど無いので、時差ボケなく着いたその時から行動できます。

また、日本との電話やメールの時間を気にせずやり取りできます。

年間を通じて温暖な気候で、とても過ごしやすいです。

ワイルドフラワーや鳥や動物など壮大な大地に自然が豊かで、世界遺産に触れることが出来ます。

古くから移民を受け入れてきた他民族、多文化国家ならではのおおらかさです。

オーストラリアは世界有数の親日国でとてもフレンドリーです。

短期なら学生ビザは必要ありません。

交通ルールも左側通行、右ハンドルです。車を運転したい場合にもスムーズに運転できるでしょう。

先進医療で、万が一怪我や病気の時も安心です。

長期の留学の場合、週に20時間まで働くことができます。働けるのはオーストラリアだけです。

少ないお金で現地に入ることができ、経済的な負担が軽減されます。

 

最近日本人は海外旅行をしなくなったといわれています。

特に1人の場合、旅行してもつまらないとか、一人でレストランに入るのはいやとか色々な理由がありますが、

旅行よりむしろ目的をもってプチ海外生活をしてみるという点で短期留学は人気があります。

 

行徳英会話スクールの講師が直接同行するオーストラリア留学、

通学先の学校訪問、授業に参加したこともあります。

校長先生や担当者も古くからの友人です。

ホームステイはより優れたホストファミリーで、中には古い友人が留学生を受け入れてくれています。

1週間前の手配でそのまま留学した生徒もいました。

つまり、多くの点で融通が利くのがオーストラリアです。

 

色々な国から帰ってきた生徒の中で、唯一オーストラリアだけは楽しくなかった等の苦情を聞いたことがありません。

必ず充実した忘れられない時間をお約束できると思います。

リピーターが多いのもオーストラリアです。

 

 

詳しいご相談は、行徳英会話スクールのHPから留学無料手配をお申込みください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:語学習得

オーストラリアへ持込可能な食品

  • 2018.03.18 Sunday
  • 16:33

オーストラリアは、国有の動物や植物の保護のため、検疫には厳しい措置を実施しています。

移民の多い国柄、東南アジアや世界各国からスパイスや植物の種など多くのものが持ち込まれ、絶滅危機にあった動植物が死んでしまうようなことがあったそうで、それを守るためにDAWR(オーストラリア連邦政府農業・水資源省)が検疫を行っています。

オーストラリアに入国する際に植物、動物でできた物品、特定の食品(例:乳製品、魚・魚製品、蜂蜜、肉・肉製品等)をお持ちの場合には、機内で配られる入国カードの該当欄(入国カード2~8)に印をつけて必ず申告してください。

わからない場合は、YESに印をつけておき、これは大丈夫ですか?と確認すれば問題ありません。

没収される場合もありますが、それはあきらめてください。

ただこれだけは注意してください。

日本人にはよく勝手な判断でこのくらいいいだろうとか、大したものじゃないからといって申告を怠る場合があることです。

もし見つかった場合申告書にうそを書いたという、持込んだものよりも法的書類を偽造したことに対して大きく罪に問われます。

申告を怠ると罪に問われますが、禁止品を持っていても申告すれば罪に問われることはありません。

申告すべきかどうか分からない場合には入国カードの質問に「はい」と答え、申告してください。

機内で食べ残したチーズなどをわざわざ申告したくない場合は、検疫前にごみ箱にすててしまっても構いません。

全員のスーツケースを開けて検査するようなことはなく、ランダムに開けられたり、探知犬を寄せたりします。

オーストラリアに行ってたまたま開けられなかったからといって、「持って行っても大丈夫だよ」ということにはなりません。

持込み可能な食品

原材料に完全に火の通った市販のビスケットやケーキ、せんべい、カステラ、まんじゅう(常温6か月以上)

植物性の原材料のみを含む市販の麺類等の食品

加工された卵製品(例: マヨネーズ、卵・卵かんすいを使用している麺(中華麺、パスタなど)

卵が具として含まれる加工食品(インスタントヌードル、のり玉ふりかけ、親子丼の素、炒飯の素、卵粥など)

乳製品でも、固形、乾燥されたコーヒーミルクパウダー、ベビーミルクはOK

肉製品は常温で6ヶ月以上保存可能な市販の缶詰、レトルト、瓶詰め製品

顆粒・粉末のだしなど、魚由来の調味料(頭のついた煮干しはNG)

商業的に加工(ローストなど)・包装してある種子およびナッツは持込可(柿の種ピーナツOK)

完全に精米してある米は申告の上、10kgまで持ち込めます(原則、未開封の市販品のみ)玄米はNG

市販の酒、醤油、ソース

海の物の乾物(昆布、わかめ)インスタント味噌汁

結構持っていかれますよね。

カップ麺では肉が入っていないものならOKです。

わからない場合も含めて申告しましょう。

それ以外に申告が必要なのが、わらなどを使った包装、たけのこの皮などの包装、木製の製品、芸術品、工芸品、木製の食器、花輪(レイなど)、植物の種子や麦わらが中につめられている製品、ドライフラワー、ポプリなどの植物製品です。

お土産に下駄、わらじ、竹のセンス、箸、日本人形なども申告が必要になります。

泥や土は申告しても持込禁止です。ゴルフシューズやスポーツシューズに泥がついていて靴を没収された例もありますから、気を付けてください。

おばあちゃんの作った梅干をタッパーで持って行って没収、罰金された例もあります。

食品は工場で加工されている市販の開封前の物なら申告すればほぼ大丈夫ですが、動物、植物の食材やホームメイドのものや開封してタッパーに詰め替えているものも絶対にNGです。

薬や常備薬は小分けにして英語でシールを貼っておくと聞かれたときスムーズです。

機内で入国カードが配られますので、それに記入(特にNo2~No9は慎重にあるものはYESとする)しておくと、

空港で立っていて入国カードをチェックしてくれる人がいます。

その人の指示に従いましょう!

では、オーストラリアを満喫してください!

詳しくは在日オーストラリア大使館の検疫検査と申告方法についてを参照してくださいね。

JUGEMテーマ:オーストラリアに関するニュース

オーストラリアのお札はプラスティック

  • 2018.03.11 Sunday
  • 22:08

オーストラリアのお札はプラスティックでできているんです。

どうしてプラスチックなの?

オーストラリアは何年も研究と開発を進めた後、1988年に初めてプラスティックマネーを発行した最初の国なんです。

しかし、何故プラスティックなのか?

 

プラスティックは丈夫!ちぎることが出来ない!また簡単に燃えない!

海で泳ぐことが出来る。洗濯機で洗っても平気、しかも色褪せしない。

確かに洗えばきれいになるでしょう。

他の国のお札はくらい色が多いことに比べて、オーストラリアのお札はきれい!

$100は鮮やかなグリーン、$50は明るいパイナップルイエロー、$20はサンセットオレンジ、$10はオーシャンブルー、

そして$5はローズピンク。

明るいカラーは独特で覚えやすいので、買い物の時間違えることもありません。

 

オーストラリアのお札はハイテクです。プラステック札は紙のお札より最新技術のセキュリティーを可能にできるんです。

そして偽造するのは不可能です。

オーストラリアで成功したことから、今では多くの国がその技術を採用しているんです。

 

※英文でも読んでね^^

 

Why does Australia have Plastic Money?

 

Australia was the first country to start using plastic money in 1988 after many years of research and development. But why plastic?

 

The Plastic is tough!  You can't rip it up, it is also very difficult to burn.  You can go swimming with it at the beach.  You can even put it in your washing machine and the colors will not fade.  Indeed they will come out brighter!

 

Australian banknotes are beautiful! Most countries banknotes are rather dull in comparison to Australian bills.

They come in vivid green $100, bright pineapple yellow $50, sunset orange $20, ocean blue $10, and rosy pink $5.

The bright colors are distinctive and easy to remember.  You will never make a mistake when you are out shopping.

 

Australian banknotes are hi-tech.  The plastic allows more sophiosticated security than paper money.  And it is almost impossible to counterfeit.

 

It has been so successful in Australia that now many other countries are starting to copy it!

 

 

 

JUGEMテーマ:オーストラリア

オーストラリアの無人入国管理システムがすごい

  • 2018.03.10 Saturday
  • 23:12
オーストラリアでは、空港の入国管理にハイテク技術を導入した。
今まで入国審査のために長い行列で何時間も待たなくては入国できなかったのに、自動出入国管理システム「スマートゲート」の導入によりわずか10分程度で入国できるようになった。

やり方はいたって簡単。
日本のパスポートでe-passport のICチップを機械に読み込ませると、日本語で質問があらわれる。それに答えて最後にカードが出てくるのでそのカードを次の無人機に通して終わり。

駅の自動改札のようだ!
オーストラリアのゲートを出たら、「e-passport self service 」の方に進み無人のハイテク自動出入国管理システムを使ってみよう!
オーストラリアがもっと早くもっと短に感じられるはずです。