個人経営の英会話スクールはなぜ潰れないか

  • 2018.03.13 Tuesday
  • 17:06

大手英会話スクールは初めから倒産のリスクを持っています。
CMや新聞広告、インターネット広告ワンクリックによる支払
によって生徒を集めますから、広告宣伝費が莫大な費用です。

立地条件の良い駅前のビルに入るため、その保証金、家賃は
数百万、数千万に昇ります。
外国人スタッフの高額な給料とその募集のための海外での求人活動、
外国人講師の渡航費用や日本での寮の準備(後から給料より天引き)、
英語が出来る日本人スタッフの確保、設備、備品、チラシなどなどです。

これを賄うには毎月毎月数千万円分の入会者が必要ですが、
自転車操業を繰り返していくだけでいつか息切れしてしまうのです。

スタッフは出来るだけ長期契約で多額な入会者を勧誘するよう求められています。
しかも生徒から入会時に支払われたお金は預り金です。
コースが終了する前に止めたいと言われれば、
本来返さなくてはいけないお金なのです。

経営者はこうした資金繰りで忙しく、
教育や内容の充実にかける余裕がなくなります。
質が低下していくと日本人スタッフは苦情処理ばかりの仕事ととなり、
辛くて辞めてしまいます。
こうして今までに多くの大手英会話スクールが倒産に追い込まれました。

バイリンガル、
ソニーランゲージ・ラボラトリー
学研ホワイトハウス
ブリタニカ
ベルリッツを運営するベネッセコーポレーションも一度破産申請をしています。
NOVA
E L S
ジオス
トーザ外国語学院
その他沢山のスクールが倒産しました。
ローンを組んだり多額の前納金をしたお金は戻ってきません。

それに比べて、個人の英会話スクールは経営者自身も
直接講師となって教えるようなケースが多く、
広告宣伝費をかけずに、口コミで生徒を集めていきます。

経営と教育が一体化しているので、直接生徒の声を聴き、
良心的なコストで良い指導を続けていくことが出来るのです。

生徒が続けて何年も辞めないで通っているのも、レッスン内容とコスト、
そして何より自分の英語能力の成長に満足できるからです。
経営者、講師自身も生徒の上達に喜びを感じることが出来るのです。

多くの個人経営の講師は大手スクールからの独立者が多く、
経験が豊富であることも色々な生徒に対応できる能力を持っています。
病院勤務の医師が自分のクリニックを開院するとか、
カリスマ美容師が自分の店を持つ感覚と少し似ています。

要するに経営方針よりも直接指導に当たる先生が良ければ、
いいレッスンを与えられる機会が増えるということです。

もちろん大手英会話スクールのようにお金を掛けられないので、
豪華な内装もなければ、スタッフも少ないかもしれません。

しかし講師のクオリティーを考えると大手以上です。
コストを掛けたくない、ゴージャスなソファーでなくてもいいから、
質の良いレッスン重視の人は、個人経営の良心的なスクールに
行ってみてはどうでしょうか。

良心的なコストで長期しばりを求められない限り、ためしに通ってみて損はないと思いますよ。

 

「行徳英会話スクール」ブログより

 

JUGEMテーマ:語学習得

ベテラン英会話講師が教える英会話スクールの選び方

  • 2017.04.08 Saturday
  • 13:37

英会話スクールを選ぶとき、一番悩むのがどんなスクールに行くかではないでしょうか?

 

まずは、自分の目的にあったレッスンを受けられるスクールかどうかです。

あなたの貴重な時間とお金を無駄にしないため、遠回りをすることは避けるべきです。

英会話を習得したい目的は異なるのに、同じカリキュラムのレッスンではあの苦手だった学校の授業と同じになってしまいます。

できるだけ自分の目的に合ったいわゆるオーダーメイドの希望を聞いてくれるレッスンを選ぶのが理想です。

 

次にある程度同じ講師が担当してくれるスクールを選ぶことです。

毎回行くごとに先生が変わるようだと、お互いの自己紹介に始まりそれに時間をロスしてしまいます。

毎回同じ講師なら前回の続きからレッスンを進められ、習得の評価も同時にされています。

先週の海外出張はどうだった?試験の結果は?旅行はどうだった?など自分の仕事や生活に合わせた会話が継続できます。

そのため次回また頑張ろうというモチベーションになるのです。

毎回講師が変わるファストフード店のように、誰がやっても同じサービスは避けたほうがいいです。

 

できるだけ多くトーキングできるスクールを選ぶことです。

基本的な読み書きは、時間制限さえなければ、自宅でもパソコンや辞書を使いながら学習することが出来ます。

リスニングも今では通勤電車の中でアプリから学習できなくもありません。

中には自宅学習だけで留学経験もなし、スクール経験もないのにTOEIC900点という人がいます。

しかし、スピーキングはなかなか難しいと言えます。

知っている文法やボキャブラリーをいかに使って表現するかが英会話の本質であり面白いところなのです。

出来るだけスピーキング、トーキング、ディベートさせてくれるスクールを探すことをお勧めします。

 

まとめると担当の講師によるオーダーメイドのレッスンが受けられ、自分の目的に必要な英語が受けられ、

自宅学習してきた成果を発表するつもりでトーキング出来るスクールということになります。

それが、自信にもつながりモチベーションも上がります。

私の生徒たちは短期間で驚くほど効果を上げてくれています。

 

出来たらマンツーマンレッスンが理想的なのですが、コストも上がるため同じ目的を持った人との

少人数制のセミ・プライベートレッスンもよいと思います。

 

良いスクールに出会えるといいですね!

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:語学習得

大手英会話スクールに歓迎されない生徒とは?

  • 2017.03.31 Friday
  • 17:50
大手英会話スクールの対象の生徒は日本人に一番多い初級から中級の生徒で、
英語が話せたらいいなレベルから昇給昇進のためのスコアアップです。
ですから、この生徒層に合わせて外国人講師を雇い、講師を教育をします。

英語上級者や特別の目的をもった人、専門職など英語にモチベーションをもって学習している生徒は対象とはされていません。

何故ならグループレッスンに向かず、他の生徒が委縮し、たとえマンツーマンレッスン希望でも、わざわざ高額な給料でレベルの高い講師を雇わなければならずビジネスとして割に合わないのです。

ですから対象は日本人に一番多い初級から中級の生徒ということになります。
ですが英会話スクールの期待とは裏腹にこの層の生徒は、自分で思ったほど英語能力が延びずに、
モチベーションも低いためすぐに止めてしまいます。
昇給や昇進転職の為のTOEICスコアアップの人は目的が達成できれば止めてしまいます。

ところが、上級者や専門職(医療関係、官僚、弁護士、大学教授、研究者など)その他英語に携わっている職業の人たちは、
英語を学習することそのものに興味やモチベーションを持っています。
英語学習を深めることが楽しみとなっています。
なので英語学習を長く続けて行くことが出来るのです。

当スクールの話になりますが、大手英会話スクールを断られたスペシャリストたちが多く学習しています。

いくら上級者といっても、ネイティブではないため、やはり師は必要です。
その人のプログラムや疑問に合わせたレッスンが出来ます。

海外在住で日本に帰ってきたときだけ、レッスンに来る生徒もいらっしゃいます。
海外で働けば働くほど、英語についての疑問がもっと増えるとのこと。

もちろん初級者や中級者の中にも英語学習そのものが、モチベーションとなり、楽しみとなる人たちもいます。
特にお子様がその例です。

モチベーションを高めること。それは英語教育をする者の責任なのです。
学校の勉強がつまらなかった、受験勉強がつらかったというトラウマを捨てて、
英会話に興味を持って楽しみながら学習しかつ上達できれば長く続くのです。
一度諦めた英会話や留学をもう一度楽しみながら挑戦してみませんか♪
貴方の生きかたが変わると思いますよ♪

JUGEMテーマ:語学習得

ホームステイ今どきの現状

  • 2016.03.26 Saturday
  • 12:45
ホームステイはホストファミリーとの夢のような生活
という時代はもう終わったのでしょうか?

大きな家とプール付きの庭で、
素敵なホストファミリーとの英語での楽しい会話や楽しい食事。
食後はデザートを食べながら、TVや映画を一緒に観たり、
宿題を手伝ってもらったり、

週末はクルーザーでフィッシングに同行させてもらい
一緒に車でショッピングモールで買いもの
時には素敵なレストランへ連れて行ってもらったり、
友達と遊んで遅くなるときは、ホストが迎えに来てくれる
という話をきいたことがあるかもしれません。

でもそれはアメリカの裕福な時代の80年代頃の話かもしれません。

現実には、今ホームステイを受け入れる家は、
移民や移住者やシングルマザーが多く、ホームステイの学生からもらうお金を
当てにしている層が多くなっています。

平均すると食事代込みで、月に8万〜10万位が相場です。

これだけ払っているのに、食事はシリアルだけ、シャワーは5分以内、
仕事でほとんどいないので会話は無し、
中には子供がいてベビーシッター代わりにされるなんてこともあります。

ホームステイの最大のメリットは英語づけなのに、
家の中の会話が、スパニッシュ、ヒンドゥー、コリア、中国語などと
いった例はもはや少しも珍しくありません。
人種も、アジア系、アフリカ系、中東系、ヒスパニック系などが多く存在します。

逆に白人の裕福層は、少しくらいのお金をもらっても、
他人を家の中に入れるのを嫌います。
付き合いも多く、パーティーや付き合いなどで夜外出することが多いので、
毎日食事を作って食べさせるような面倒なことはしたくありません。

しかしながら、この裕福層の中にも日本人を歓迎して
受け入れてくれるファミリーがあります。
それは、自分にも同じような子供がいて、
国際交流を身に付けさせたいと考えるホストファミリー。
この場合、週末一緒に動物園や観光地に連れて行ってくれたりもします。

もう一つは、シニア層の老夫婦のホストファミリー。
リタイアしていて、話し相手に留学生を受け入れているような場合です。

このようなホストファミリーに当たれば、もうラッキーとしか言いようがありません。
しかも当然のことながらネイティブスピーカーです。

私が推薦する留学先は、オーストラリアです。
環境、気候も良いことから人々が気さくで大らかで親日です。
綺麗好きでトラブルも少ないことから、日本人を歓迎します。

当スクールでは、オーストラリア留学を無料手配します。
学校との長年の友人関係、信頼関係から、
最高のホストファミリーを手配してもらっています。
実際に、生徒が滞在中にはホストファミリーの家に訪問して、
ファミリーとの面接をし、問題点があれば解決してきました。
(問題点とは、WiFiがつながらないことだったのですが、
上手く解決できました。)

今までの実績として、すべてのホストファミリーは
イギリス系オーストラリア人、オーストラリア人で、
職業は、ドクター、官庁勤務、大学教授、元教師のシニアなどです。

留学は学校よりもホストファミリー宅で過ごす時間の方が、圧倒的に長いのです。
しかし、学校は選べてもホストファミリーを初めから選べないのが現状です。
良いホストファミリーに当たれば、留学生活が一生の楽しい思い出となります。

JUGEMテーマ:海外語学留学

タダより高いー無料体験レッスン

  • 2015.12.18 Friday
  • 21:16
英会話スクールの「無料体験レッスン」
これは、スクールにとってはカモネギです。
一度来た生徒を絶対に帰すものかと必死にセールスをしてきます。
一人の無料体験を入会させるか否かで、スクールとスタッフのノルマと成績が掛かってくるのです。
なぜならばこの無料体験のためのCM,雑誌、駅の看板、中刷り、インターネットの広告や
ワンクリックにかかる費用は莫大なものです。
それを営業専門のスタッフがどう入会させるかで日々格闘しています。
長期でローンを組んだ方が、当然入金が増えるので、必要以上に書類を書かされ、個人情報を取得しようとします。
これは、ローンが通るか、収入によってどのコースのアプローチをしようかということに利用されます。
親身になっているようで、英会話の上達、教育や質は2の次です。

さて、悪徳と言われるスクールは、

・入会説明に長時間の拘束、説得にかかる。
・入会専門のセールスのプロがアプローチしてくる。
・体験レッスンは10分程度で、入会の説明が長い。
・高額コースに入会してもらうために、ローンについての説明を始める。
・教材にもノルマがあるので、教材もセットで売り込む。
・入会するまで帰さない。
・一度考えますと言っても、その場で入会させようとする。
・キャンペーンは今だけと言ってもいつもやっている。
・他の体験レッスンを予約しているというと、そのスクールの悪口をいう。
・入会をせかす、強引に今入会させようとする。
・体験レッスンの時だけ、イケメンの先生が出てくる。
・体験レッスンの時だけ、熟練された先生が出てくる。
・入会を断ると、今までいい人だったスタッフが急に態度を変える。
・家に帰ったらすぐに電話が掛かってくる。

無料体験の先生は良かったのに、実際入ってみたらそのレッスン内容の差に愕然とすることもあります。
スタートしてみなければその内容がわからないのに、長いコースを勧められる。
実際に入会したら、全く予約が取れないのに、いつでも自由に好きな日を選べると言われる。
などです。

無料体験レッスンという体験ではなくて勧誘体験です。
ひどいところになるとカウンセリングという名目で英会話のカウンセリングではなく、
収入からいくらのローンが組めるかのカウンセリングです。
本当に英語のカウンセリングなら、直接先生とするべきなのです。

また長時間拘束されると人の脳の思考能力は減退します。
人が集中できる時間は、レッスンを含めて40分〜45分です。
慣れない英語のレッスンをした後、脳は異常に疲れています。
そこをついてセールスクロージングをされるため、思考能力が低下し、この場から立ち去りたいがゆえに
契約書にサインをしてしまうのです。

以上のことに注意をして、
・20万円以上の高額な金額は一度帰って考えること。
・すぐにローンの申し込みなど契約書にサインをしない。
・一度外に出てコーヒーを飲むなど、頭を休ませる。
・いくつかの体験レッスンをして比べてみる。
・生徒の立場になって考えてくれているかを見極める。
・実際のクラスレッスンを見学、又は体験させてもらう。
・自分の取りたい時間にクラスまたはレッスンがあるか確認する。
・入会金以外に管理費、教材費、月会費なども確認する。

特に月末は目標額とノルマに達成していないと追い込みをかけてきますので気を付けましょう。

本当に生徒の教育を考えているスクールは、入会説明は短く、あなたの英語についてのカウンセリングに重点をおきます。

あなたに合った英会話の上達方法を考えてくれるスクールだって必ずあります。

JUGEMテーマ:語学習得

大手英会話スクールマンツーマンレッスンの比較

  • 2015.12.15 Tuesday
  • 17:01
JUGEMテーマ:語学習得
英会話を上達させるには、
マンツーマンレッスンが一番という話はしましたが、

マンツーマンは費用が高いんだよねと言われます。
私も以前↓にある大手英会話スクールで教えていました。
折角、上達してきた受講生が、
お金が続かないとの理由で辞めていくのです。
一体いくらなのかと知って、驚愕!
週に1度のレッスンでも60万〜70万円とかを
最初に一括前納またはローンでした。

大手英会話スクールの60分当たりの
マンツーマンレッスンの比較です。

ベルリッツ
入会金:30,000円
レッスン:12,600円/60分
教材費:実費(数万円)

ECC
入会金:21,000円
レッスン:12,200円/60分
教材費:実費(数万円)

GABA
入会金:31,500円
レッスン:11,025円/60分
教材費:21,000円

イーオン
入会金:26,250円
レッスン:10,800円/60分
教材費:実費(数万円)

シェーン
入会金 : 21,600円
レッスン : 10,630円/60分
教材費 : 15,195円
管理費 : 2,000円/月

これに消費税が掛かル場合があります。
必ず確認してください。

大手英会話スクールは、
教育よりビジネスだというのは解りますが、
これでは、留学の方が安いです。

また最近安かろう悪かろうという粗悪で悪徳な
スクールも沢山あります。
安いというだけで上達しなければ
やはりお金の無駄になります。

マンツーマンレッスンは高額な費用を
一括前納する前に、
もう一度見直してみてください。

近くに良心的な良い講師のいる
マンツーマンスクールがあるといいですね♪

講師側から見るカフェイングリッシュは。。。

  • 2015.12.12 Saturday
  • 17:50
先日昔の同僚と飲む機会があり、
カフェイングリッシュについての話になった。

英会話講師をしていると、
皆一度は経験があるカフェでのレッスン。

講師の立場からすると、はっきり言ってやりたくないが本音。
理由はさまざまだが、

落ち着かない。
周りが気になる。
音がうるさい。
または、静かすぎて周りに迷惑をかけているようで気になる。
CDや音声による練習が出来ない。
周りを気にするあまりお互いの声が良く聞こえない。
周りのお客さんが、ずっとこちらを見ている。
隣の人が、レッスンを聞いている。
うるさいと怒鳴られたことがある。
待っていたけど生徒は現れなった。
などなど

私も一度、カフェで、生徒に英語で質問していたら、
隣でコーヒーを飲んでる人が、質問に答えてくる
なんていう体験をしたことがある。
無料でレッスンに参加していたらしい?

カフェイングリッシュは講師側からすると
やりたくないが本音。
友達風におしゃべりするようなフリートーキングなら
いいかもしれないけど、基礎から、文法から、発音から
などどいうレッスンにはまったくもって向かない。

そして、受講者もあまり上達が見られない。
本気でレッスンしたい人はやはり教室のある
英会話スクールをお勧めしたい。



JUGEMテーマ:語学習得

NOVAが倒産した日

  • 2015.11.30 Monday
  • 20:03
2007年の7月ごろ、NOVAに勤めている
友人から給料が遅れていると聞きました。
7、8月分の給与振り込みが1か月ずつ遅れていると。
9月分は遅れて支給されたものの、
10月分は支給されないまま
10月26日ついにNOVAは
会社更生法を申請し倒産しました。

途方にくれたのは講師たちでした。
給料は2ヶ月ほどでていません。
その上寮となっているマンションの大家さん
からは立ち退きを迫られたのです。

しかし、講師たちは大家さんとの直接契約はしていません。
寮費といって実際の賃貸家賃より高額な金額が
給料から引かれていたからです。
その上、国に収めるべき講師たちの税金や、雇用保険料
などの預かり金は支払われていません。

外国人講師の一部が加入する労働組合「ゼネラルユニオン」では、
アパートの契約はNOVAと不動産管理会社とで行われていて、
講師たちは給料から寮費を払っているのだから、
そのまま住むことが出来るという法律になっていました。

迷惑を受けたのは、大家さん側も同じです。
NOVAからはスクールの家賃、寮として契約していた
マンションの家賃も支払われていません。

負債総額は439億円。
全国に約900の教室を展開し、
生徒数は約41万8000人
生徒から預かった前払金は、255億円
900店舗の駅前の家賃、
スタッフ、4400人分の講師の給料、
講師の寮としての家賃、
これらの金額を使い込んだというか、
盗んで倒産?

12月24日の寒い日、友人である講師たちは、
寮だったマンションの管理会社から
立退きを命じられます。
今月中に出て行ってくれ!
その日はクリスマスイブでした。

外国人労働組合「ゼネラルユニオン」の弁護士と私は、
南行徳の駅前にある、不動産会社に行きました。
「お願いします!
せめてもう少し待ってください。」

今、アパートを追い出されたらどこに行けばいいのでしょう。
日本に一人で来て身寄りもない講師たちがほとんどです。

多くの講師はクリスマス前ということもあり、
そのまま帰ってしまいましたが、給料や雇用保険などを
貰っていないため帰れない講師たちも沢山いました。
イギリス・オーストラリアの大使館は渡航費用を
援助してくれたりしました。

大家さん自身も被害者であるのです。
恐らく家賃はもらえないでしょう。
それなのに交渉した結果、
なんと来年の1月15日まで置いてもらえる
ことになったのです。

何よりのクリスマスプレゼント
日本にはこうした、傘地蔵のような人がいます。
南行徳駅前の不動産屋さんの社長!
本当にありがとうございました。

NOVAの倒産は海外でも大きく報道されました。
アメリカやカナダ、オーストラリアの
職安での一番大きな求人はNOVAでした。

年が明けて、国は雇用保険と未払い給料を払ってくれ、
それを手にほとんどのNOVA講師は帰っていってしまいました。
この街行徳からは100人以上がいなくなりました。

それにしても、本当に世界中に迷惑をかけて
倒産した会社NOVA
あれからもう8年です。
それでもいつも12月が来ると
あの寒かった冬を思いだすクリスマス
JUGEMテーマ:語学習得

 

良い英会話講師とは?

  • 2015.11.29 Sunday
  • 19:58
英会話スクールでの、質の良い講師の確保は至難の業です。
教育や経験のない講師が外国人や、ネイティブ
というだけで教えている学校も少なくありません。

経験の少ない講師は
文法やビジネスを教えられない上に、
フリートーキングのような授業しかできません。
更に人生経験も少なければ、
そのフリートーキングにも内容が感じられません。

特に初心者の受講者においては、
勇気を出して英語で言った言葉を
まったく理解してもらえないケースがあります。

これでは会話が成り立たない上に、
生徒は自信を無くしてしまいます。

グループレッスンでは、
講師がグループをコントロールできず、
一人の生徒だけに無駄な話をさせるか、
生徒同士の会話ばかりで終わってしまい、
指摘やアドバイスがないまま終わってしまいます。

ポイントがない授業で何を習ったのかがわからないでレッスンが終了したり、
試験のようにテキストばかりを形式的に学習し会話がないレッスンなどがあり、

これでは生徒は上達を感じられず、フラストレーションがたまります。

大手英会話スクールによっては、
スキルの高い講師は、講師養成の教育担当になってしまい、
入会のためだけのトライアルレッスン以外の
レッスンを担当することはあまりありません。

では、講師のスキルが高いというのは。。。?

受講者の質問の意図を読み取り、
生徒の「why???」にきちんと例を挙げて、
わかりやすく丁寧に説明できる講師です。

生徒がなんと言いたいのかを理解し
それをより自然でより良い表現へと導いていきます。

レッスンやテーマを組み立て、そこに学習ポイントを入れ
バランスよく会話していく授業を進めます。

受講者の興味のある話題を引出し、
得意分野の話題を入れると更に会話が楽しく弾みます。

学習なので、間違った表現は必ず後で
指摘アドバイスはしますが、その都度直さず、
流暢に話すことを優先します。

生徒自身が、今日は少し上手く話せたなと
思う満足感が上達につながり、
継続して通うことができるのです。
自然と英語力もできて、質問も増えていきます。
こうなれば英会話の楽しさが身に付きます。

よい英会話講師が見つかるといいですね。
「行徳英会話スクール」では、初心者の英会話講師、日本人の英語教師の指導も行っています。
詳しくはホームページよりお問い合わせください。
JUGEMテーマ:語学習得

月謝制の英会話スクールの落とし穴

  • 2015.11.17 Tuesday
  • 19:23
最近増えてきた月謝制の英会話スクール。
多額の前納前払いを嫌う生徒にとっては、良心的に見える。
だが、毎週決まった時間に定時で帰れる人や、休みが決まっている
人ならまだしも、残業、出張、または飲み会などで、
予定が不定期な人には向いていない。

振替があるところもあるが、振り替えられないと、
月によっては出席できないのに月謝は取られている。

スポーツクラブなども、行けなくなっても月会費は
自動的に引き落とされるのと同じだ。
休会届を出すのも1か月前までに出さなければならないとか、
色々複雑になっている。

4回の回数券
考え方としては月謝と同じ
当スクールの場合だけど、有効期限は3か月ある。
仮に休んだり、旅行に行ったりしても3か月以内に使えばいい。
無駄にはならない。
これが月謝なら同じ回数しか行かれなくても、
3か月分の費用がかかることになる。

月謝と回数券
さてどちらが本当に得でしょうか?
自分のスタイルに合わせてスクールを選ぶことが大切です♪