オーストラリア留学のすすめ

  • 2018.04.01 Sunday
  • 16:48

行徳英会話スクールでは、語学習得最短距離として留学をすすめています。

せっかく、少しでも身に着けた英語を本場で使ってこそ意味があります。

現地で自由に楽に楽しく英語を使いこなせるようになるには、留学が一番です。

 

だからといって社会人には長期の休暇を取ることが難しいので、

有給や転職までの間の休みを利用して1週間からの短期留学があります。

1週間だからと言っても、この1週間身体で覚えて使えた英語は一生忘れることはありません。

 

日本人が義務教育から英語学習に費やしてきた時間数は莫大です。

それなのに、なぜじゃべれないのでしょうか?

それは折角覚えた英語を使う機会がないからです。

しかし、子供の時に乗れた自転車と同じように、使うようになれば再び過去に習った文法が思い出されるのです。

 

では、どこに留学したらよいでしょうか?という質問をよく受けるのですが、

行徳英会話スクールでは、特にこだわりがない場合はオーストラリアを推奨しています。

 

何故かといえば、

オーストラリアは治安が良く、衛生的なので安心です。生水も飲めます。

時差がほとんど無いので、時差ボケなく着いたその時から行動できます。

また、日本との電話やメールの時間を気にせずやり取りできます。

年間を通じて温暖な気候で、とても過ごしやすいです。

ワイルドフラワーや鳥や動物など壮大な大地に自然が豊かで、世界遺産に触れることが出来ます。

古くから移民を受け入れてきた他民族、多文化国家ならではのおおらかさです。

オーストラリアは世界有数の親日国でとてもフレンドリーです。

短期なら学生ビザは必要ありません。

交通ルールも左側通行、右ハンドルです。車を運転したい場合にもスムーズに運転できるでしょう。

先進医療で、万が一怪我や病気の時も安心です。

長期の留学の場合、週に20時間まで働くことができます。働けるのはオーストラリアだけです。

少ないお金で現地に入ることができ、経済的な負担が軽減されます。

 

最近日本人は海外旅行をしなくなったといわれています。

特に1人の場合、旅行してもつまらないとか、一人でレストランに入るのはいやとか色々な理由がありますが、

旅行よりむしろ目的をもってプチ海外生活をしてみるという点で短期留学は人気があります。

 

行徳英会話スクールの講師が直接同行するオーストラリア留学、

通学先の学校訪問、授業に参加したこともあります。

校長先生や担当者も古くからの友人です。

ホームステイはより優れたホストファミリーで、中には古い友人が留学生を受け入れてくれています。

1週間前の手配でそのまま留学した生徒もいました。

つまり、多くの点で融通が利くのがオーストラリアです。

 

色々な国から帰ってきた生徒の中で、唯一オーストラリアだけは楽しくなかった等の苦情を聞いたことがありません。

必ず充実した忘れられない時間をお約束できると思います。

リピーターが多いのもオーストラリアです。

 

 

詳しいご相談は、行徳英会話スクールのHPから留学無料手配をお申込みください。

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:語学習得

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM