タダより高いー無料体験レッスン

  • 2015.12.18 Friday
  • 21:16
英会話スクールの「無料体験レッスン」
これは、スクールにとってはカモネギです。
一度来た生徒を絶対に帰すものかと必死にセールスをしてきます。
一人の無料体験を入会させるか否かで、スクールとスタッフのノルマと成績が掛かってくるのです。
なぜならばこの無料体験のためのCM,雑誌、駅の看板、中刷り、インターネットの広告や
ワンクリックにかかる費用は莫大なものです。
それを営業専門のスタッフがどう入会させるかで日々格闘しています。
長期でローンを組んだ方が、当然入金が増えるので、必要以上に書類を書かされ、個人情報を取得しようとします。
これは、ローンが通るか、収入によってどのコースのアプローチをしようかということに利用されます。
親身になっているようで、英会話の上達、教育や質は2の次です。

さて、悪徳と言われるスクールは、

・入会説明に長時間の拘束、説得にかかる。
・入会専門のセールスのプロがアプローチしてくる。
・体験レッスンは10分程度で、入会の説明が長い。
・高額コースに入会してもらうために、ローンについての説明を始める。
・教材にもノルマがあるので、教材もセットで売り込む。
・入会するまで帰さない。
・一度考えますと言っても、その場で入会させようとする。
・キャンペーンは今だけと言ってもいつもやっている。
・他の体験レッスンを予約しているというと、そのスクールの悪口をいう。
・入会をせかす、強引に今入会させようとする。
・体験レッスンの時だけ、イケメンの先生が出てくる。
・体験レッスンの時だけ、熟練された先生が出てくる。
・入会を断ると、今までいい人だったスタッフが急に態度を変える。
・家に帰ったらすぐに電話が掛かってくる。

無料体験の先生は良かったのに、実際入ってみたらそのレッスン内容の差に愕然とすることもあります。
スタートしてみなければその内容がわからないのに、長いコースを勧められる。
実際に入会したら、全く予約が取れないのに、いつでも自由に好きな日を選べると言われる。
などです。

無料体験レッスンという体験ではなくて勧誘体験です。
ひどいところになるとカウンセリングという名目で英会話のカウンセリングではなく、
収入からいくらのローンが組めるかのカウンセリングです。
本当に英語のカウンセリングなら、直接先生とするべきなのです。

また長時間拘束されると人の脳の思考能力は減退します。
人が集中できる時間は、レッスンを含めて40分〜45分です。
慣れない英語のレッスンをした後、脳は異常に疲れています。
そこをついてセールスクロージングをされるため、思考能力が低下し、この場から立ち去りたいがゆえに
契約書にサインをしてしまうのです。

以上のことに注意をして、
・20万円以上の高額な金額は一度帰って考えること。
・すぐにローンの申し込みなど契約書にサインをしない。
・一度外に出てコーヒーを飲むなど、頭を休ませる。
・いくつかの体験レッスンをして比べてみる。
・生徒の立場になって考えてくれているかを見極める。
・実際のクラスレッスンを見学、又は体験させてもらう。
・自分の取りたい時間にクラスまたはレッスンがあるか確認する。
・入会金以外に管理費、教材費、月会費なども確認する。

特に月末は目標額とノルマに達成していないと追い込みをかけてきますので気を付けましょう。

本当に生徒の教育を考えているスクールは、入会説明は短く、あなたの英語についてのカウンセリングに重点をおきます。

あなたに合った英会話の上達方法を考えてくれるスクールだって必ずあります。

JUGEMテーマ:語学習得

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM