「蛍の光」はHappy New Yearの歌です。

  • 2015.12.31 Thursday
  • 10:00
JUGEMテーマ:気になること
日本に来たばかりのころ、
年に一度、新年の年が明けた瞬間にしか
聞くことのない歌がスパーマーケットの閉店時間に
いつもかかっていて不思議に思ったものだ。

日本では卒業式や別れの時のうた「蛍の光」
しかしこの歌はスコットランド民謡で,
しかも年が明けた新しい幕開けの歌であり、
良き日の始まりの歌
として古くから歌われていたのです。

欧米諸国ではニューイヤーのカウントダウンの後、
Happy New Year!と共に歌う歌である。
もちろん年に1度しか聞くことはない。

意味はAuld Lang Syne=old long since
意訳ではtimes gone by
日本では「久しき昔」とか「古き昔」などと訳す。



「Auld Lang Syne」「オールド・ラング・サイン」
Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and auld lang syne ?

For auld lang syne, 
my dear,
for auld lang syne,
we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne
旧友は忘れていくものなのだろうか、
古き昔も心から消え果てるものなのだろうか。
友よ、古き昔のために、
親愛のこの一杯を
飲み干そうではないか。

And surely ye'll be your pint-stoup !
And surely I'll be mine !
And we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne. 
我らは互いに杯を手にし、いままさに、
古き昔のため、親愛のこの一杯を
飲まんとしている。 

We twa hae run about the braes,
and pou'd the gowans fine ;
But we've wander'd mony a weary fit,
sin' auld lang syne. 
我ら二人は丘を駈け、
可憐な雛菊を折ったものだ。
だが古き昔より時は去り、
我らはよろめくばかりの距離を隔て
彷徨っていた。 

We twa hae paidl'd in the burn,
frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar'd
sin' auld lang syne. 
我ら二人は日がら瀬に遊んだものだ。
だが古き昔より二人を隔てた荒海は広かった。 

And there's a hand my trusty fiere !
And gies a hand o' thine !
And we'll tak a right gude-willie waught,
for auld lang syne. 
いまここに、我が親友の手がある。
いまここに、我らは手をとる。
いま我らは、良き友情の杯を飲み干すのだ。
古き昔のために。

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM