カンガルーの赤ちゃんをジョーイという。

  • 2016.03.07 Monday
  • 18:14
オーストラリアと言えばカンガルー。
カンガルーはお腹の袋に赤ちゃんを入れて育てることで知られているが、
この赤ちゃんをJoey(ジョーイ)と呼ぶ。

カンガルーの赤ちゃんは未熟な状態で生まれ、袋の中で平均18か月過ごす。

オーストラリアではカンガルーだけでなく、
野生動物が突然道路に飛び出してくることがよくある。
そのためカンガルーに注意!ウォンバッドに注意!という道路標識がある。


この写真は↓地元のサーファーが車で走っていたら、道路に横たわっている
カンガルーを発見。母親はすでに死んでいたが、お腹の赤ちゃんは無事だったという。


サーファーは赤ちゃんを連れてかえり、哺乳瓶でミルクを与え、
独り立ちできるようになるまで育てて、後は森に帰してやるのだという。

オーストラリアではカンガルーに出くわすことはあっても
Joeyだけに会うことは凄く珍しいことなのだ。

JUGEMテーマ:オーストラリア

 

オーストラリアはお酒をドライブスルーで買う

  • 2016.03.06 Sunday
  • 16:00
オーストラリアの酒屋さんリカーショップは、
ボトルショップと呼ばれていて
車で、ドライブスルーでビールやワインが買える。
(こんな看板のお店)

車でボトルショップの中に入るとスタッフがいて、
何が欲しいか聞いてくれる。
注文すると車まで持ってきてくれて、料金を車の中から払う。

オーストラリアは車社会、
特に、女性やお年寄りがスーパーで重たいボトルやケースのビールを
買って持って帰るのは大変だから車まで運んでくれるボトルショップは
重宝されている。

ホームパーティーやホームBBQなどの場合、
友人宅へ行く途中にドライブスルーでお酒を買っていくのは常識。

日本ほど飲酒運転も厳しくはない。
ただし、西オーストラリア州では、
すべての路上、公共施設、ビーチ、公園、公共エリアでの
飲酒は禁止されている。

オーストラリアの飲酒は18歳からで、
PUBに行くのも少しくらいの飲酒なら車で行く。

オーストラリアのワイン、ビールの種類は多く、
ノンアルコールビールから、ライトビールなどもある。
ライトビールとはカロリーが低いのではなくて、
アルコール分が極めて低いビールのこと。
最近はアサヒスーパードライの辛口なども人気である。

JUGEMテーマ:オーストラリア

 

イギリスやオーストラリアのゴミのシステム

  • 2016.02.26 Friday
  • 09:01
イギリスやオーストラリアのゴミ収集システムは、
まず各家庭にwheelie binという車のついた
大きな緑色のゴミ箱2つが自治体より配布されます。
1つは、リサイクルといって紙、新聞、ボトル、ビン、缶、ペットボトルが
一緒に入れてOKです。
もう一つは、何でもゴミ(rubbish)です。
週に1回回収日に家の前の歩道の縁石(kerb Side)に出しておきます。


ゴミ収集車が来ます。
このゴミ収集のことを mechanical kerb side collection
直訳すると縁石収集マシンとでもいうのでしょうか。


mechanical kerb side collectionはこんなやつ↓


JUGEMテーマ:気になること

LICORICE リコリスというお菓子

  • 2016.02.24 Wednesday
  • 17:06
イギリス、オーストラリア、アメリカなど欧米で人気の
LICORICE(リコリス)というお菓子
日本ではあまりなじみがないので、珍しいと思い土産に買っていくと、
ほとんどの日本人は食べると苦虫を噛んだような顔をする。

男性の中にはうまいという人もいるけど、
女性はみんな「なにこれ〜」「まず〜い」
というのだ。
やはり日本人の口には合わないらしい。

そもそもLICORICE(リコリス)とは、
マメ科の植物、スペイン甘草の一種で、薬にも使われている。
身体によいことから、北アメリカやヨーロッパで古くから親しまれ、
子供から大人まで幅広い人気がある。

食感は飴よりグミに近く、光沢を帯びた真っ黒な色や、
着色をして真っ赤なもの、最近は色々なフレイバーもある。

リコリスに含まれているグリチルリチンという成分には
抗炎症作用や抗ウィルス作用、抗アレルギー作用があり、
関節炎や気管支炎、アレルギー症状などに用いられる。

便秘に絶大な効果があることから、
日本でも便秘薬に使われている他、
粘膜の刺激を緩和する効果があることから、
胃や十二指腸などの潰瘍の治療に使用されているらしい。
健康志向の日本にお菓子として
なぜ流行らないのか不思議だったのだが、

その理由がわかった。
日本人の口には合わないらしい。
漢方薬に使われるくらいだから、薬臭いとか、
漢方の味がするとかとにかく不味いと感じる人が多いらしい。
もし機会があったら是非一度食べてみてほしい。






JUGEMテーマ:気になること

西オーストラリアのブラックスワン

  • 2016.02.23 Tuesday
  • 09:26
昔、ヨーロッパではスワンは白と決まっていた。
そして、英語にはかつて、無駄な努力を表す言葉として、
「黒い白鳥(ブラックスワン)を探すようなものだ」
ということわざがあった。
ところが、1697年にオランダ人船長によって
実際に西オーストラリアでブラックスワン「黒い白鳥」が発見され、
当時の人々からは驚きをもって迎えられた。
この川はスワンリバーと名付けられた。

それ以来想定外の事態、事故、事件が発生することの隠喩として
「ブラックスワン」という言葉が用いられる。
特に金融マーケットの世界では、予想外の暴落などに使われている。

最近TVのCMなどで白鳥が良いもの、黒鳥が悪者的な使い方を
しているが、本来の意味は、
「常識を疑うこと」、「物事を一変させること」、
「自分を絶対視しないこと」の象徴として使われている。

さて、このスワンリバーにいるブラックスワンは
とてもフレンドリーな鳥で、餌を手のひらから食べてくれる。
西、南西オーストラリアにしか生息しておらず、
西オーストラリアの州の鳥に指定されている。

近づいて一緒に写真を撮ることもできる。
地域の住民の憩いの場となっている。



JUGEMテーマ:オーストラリア

オーストラリア料理

  • 2016.02.20 Saturday
  • 10:57
しばらくオーストラリアに行っていました。
長いこと日本に住んでいると、
外国でタクシーに乗ってドアを閉め忘れますね。
日本病です(汗

オーストラリアは、
移民を積極的に受け入れてきた国なので
独自の料理より、モダンオーストラリア料理といわれる
創作料理が一般的になりつつある。

イギリスはもちろん、クロアチア、ギリシャ、イタリア、
フランス、セルビアなどのヨーロッパから南アフリカ、

ベトナム、インド、中国、韓国、日本、マレーシア、インドネシアなど

世界の料理を本場のシェフの味で楽しむことができる。

元々はイギリスから来た料理が主流だったが、
民族料理、エスニック料理を取り入れ
今では、モダンオーストラリア料理として変わりつつある。

オーストラリアというとカンガルーを食べるんでしょ?
と聞かれるが、私はカンガルーを食べたことがないし、
実際にカンガルーを食べたことのない
オーストラリア人もたくさんいる。

一般に広く食べられているオーストラリア料理といえば、
ステーキ、BBQ,ミートパイ、ソーセージロールなどがある。


その中でもオーストラリアはパイの消費量が世界一の国で、
オージーフットボールの試合観戦中に最もよく食べられる。
アメリカで言えば、ハンバーガーやホットドッグに値する。

パイにもたくさんの種類があり、たくさんのパイメーカーがある。
食事のパイなので、甘いものではなくて
ミートパイ、ステーキパイ、チキンシチューパイ、などなどが多い。



しかし世界中の料理を本格的に楽しむことができるのは
移民大国ならではである。

JUGEMテーマ:オーストラリア

オーストラリアは親日国

  • 2016.01.31 Sunday
  • 23:00
オーストラリア英語というと
「オーストラリア英語って訛ってるよね?」
a を i のように話すよね?
ってあまりにもステレオタイプな質問がくるのだけど、
オーストラリアも元々はイギリスの伝統を強く受け継いでいる。
階級制度がないといってもあるし、

ロンドン下町のコクニーの影響を受けている労働者階級の
発音はa を i と発音することがあるが、

エジケーテッド・オーストラリアンと呼ばれる
中流以上の人は少し違う。
ニュースやアナウンサーの英語だ。

アイルランドやスコットランドの人たちの英語、
アジア系、ドイツ系、イタリア系でもまた違う。
古くから移住や移民を多く受け入れてきた国だけあって
オーストラリアで使われている英語は一つではない。

しかしやはりイギリス系の人たちも多く、
正当なブリティッシュイングリッシュは多く使われている。

オーストラリアで留学やワーホリなどで、
ホームステイをする場合、
何系のファミリーかによっても英語が変わってくる。

例えば、インド系の家にホームステイすれば、
家の中ではヒンドゥー語しか話されていなかったり、
ということもあるが、それはそれで多様な異文化に
一度に触れるチャンスでもあるの。

そういった移民大国の中で育ってきたオーストラリアンは、
移民や留学生、外国人に対して寛容である。

親日国家でもあるオーストラリアは、
日本人が住みやすい環境にあると思う。

JUGEMテーマ:海外語学留学





 

1月26日はオーストラリア・デー

  • 2016.01.26 Tuesday
  • 16:32
1月26日はオーストラリア・デーです。
イギリスからの移民団が1788年1月26日に
シドニー・コーブに到着したことを記念する祝日です。

国民の祝日のオーストラリア・デーを太陽の下で祝います。 
この日は祝日に定められ、オーストラリア各地でさまざまな
イベントが開催されます。 

シドニーでは多くの人々がシドニー・ハーバー周辺に集まり、
水上で祝います。 

各地では、コミュニティ・ブレックファスト、
ビーチ・パーティー、コロボリー(アボリジニの儀式)や
コンサート、パレードやショー、ス
ポーツ・イベント、文化や歴史の展示会、
花火大会などが催されます。 
また、新市民を迎える市民権の授与式も行われます。

オーストラリアの新学期は1月下旬から始まるので、
オーストラリアディーの後、学校がスタートし、
12月の中旬に1年が終わります。
 

空を航海する幻の湖

  • 2016.01.08 Friday
  • 22:11
南オーストラリア州の北部に位置するエア湖という
オーストラリア最大の湖 がある。
通常は砂漠で水のない幻の湖ですが、
Eyre Leke
 
過去150年で3回満水になったことがあります。
水が満ちると、自然の驚くべき光景が繰り広げられるのです。


エア湖(Lake Eyre )は、
通常とても暑く乾燥した砂漠で生き残ることが
出来る動物又は植物はほとんどありません。
しかし、若干のまれな時、ここは青森県より大きな
巨大な緑のオアシスになることがあります。

この時に、この湖は何千もの水鳥や魚とカエルで満たされます。
しかし、この湖は過去150年で2、3回しか満水になることは
なかったので、これらの魚やカエルがどうして水なしで長い時間を
生き残るのかについて疑問でした。

若干の深い決して乾燥しない水溜りが砂漠にはあるようです。
これらの水溜りは、湖のすべてを覆う洪水が再び来る時、
魚と動物の避難所となります。
彼らは湖で育つ藻を食べて急速に増えていきます。

pelican

湖がいっぱいになるか、部分的にいっぱいになるとき、
観光客は砂漠の驚くべき変化を見たくて
この地へ長旅をします。
しかしそこに着くことは至難の業なのです。

砂漠に住んでいる人々は、むしろ楽観的なようです。
出航するのに十分な水がめったにないという事実にもかかわらず、
エア湖ヨットクラブがあります。
ヨットクラブのメンバーたちは、この湖でヨットに乗ることは
他には存在しないただ一つの経験であると言います。
時々、水面は鏡のようになり、地平線を見るのは不可能です。
その鏡に映った時、実際空の上を航海しているように感じるのです。

Eyre

先日、中部オーストラリアで集中豪雨があった時、
エア湖の水はいっぱいになるだろうかと思っていたんです。
そうしたら昨日、BBCニュースでそのことがニュースになっていました。
とても珍しい夏の乾燥シーズンの出来事として。。。



Lake Eyre is usually a very hot and dry desert with few animals or plants that can survive.  But on some rare occasions, it becomes a huge green oasis covering an area larger than Aomori prefecture.   At these times it is filled with thousands of birds, fish, frogs, and other aquatic animals.  However, it has only completely filled 2 or 3 times in the last 150 years.  So I have always wondered how these animals can survive the long periods without water.
It seems that there are some deep water holes in the desert that never dry up. These water holes are refuges for the fish and other animals that inhabit Lake Eyre.  When heavy rains flood the area, they can multiply fast, and spread to all parts of the lake.

When it fills, or partially fills, many tourists make the long difficult to central Australia to see the incredible transformation of the desert. 
The people who live in the desert seem to be rather optimistic folks.   There is  a Yacht Club, in spite of the fact there is almost never any water to go sailing. The members, however,  say that yachting on Lake Eyre is a  a unique experience.   At times the water surface becomes like a mirror, and  it is impossible to see the horizon.  At these times, it feels like they are actually sailing in the sky! 
I was reminded of Lake Eyre recently because there has been heavy rain in central Australia and I wondered if the lake was filling.
Then yesterday I noticed an article on the BBC news announcing that it was....  A very rare event in the dry Summer season.

JUGEMテーマ:オーストラリアに関するニュース

JALの直行便でパースへ

  • 2015.12.08 Tuesday
  • 06:15
2011年3月11日に発生した東日本大震災の後、
カンタス航空は、シドニー以外のすべての
日本発着直行便を中止してから
来年で5年になろうとしている。

直行便なら成田〜パースは10時間なのに、
現在はどこかを経由し、
乗り継ぎが悪いと24時間の旅となる。

震災の後、オーストラリア人の
日本観光が極端に減った。
オーストラリア人に人気のニセコや白馬
スキー、スノボーの観光地も
一時期は外国人観光客が減ったと嘆いていた。
しかし、最近はまた人気が戻りつつあるようだ。

本日オーストラリアの新聞では、
JALが東京パース間の直行便を来年から
ボーイング787で発着すると発表した。

JALが直行便を運航してくれれば、
多くの日本人がパースに来ることが出来る。
10時間なら東京ロンドンとほとんど変わらない。

オーストラリアの中でも日本人が多いシドニー
と違い、パースにはほとんど日本人がいない。
気候も地中海温暖気候で、
冬でも最低気温は10度と過ごしやすい。
街並みはヨーロッパの雰囲気。

世界の住みたい街ランキングで1位に
なったこともあり、下がっても3位以内
にランクされているパース。
JALの直行便が待ち遠しい♪