目的のある英会話取得なら絶対マンツーマンレッスンがいい!

  • 2015.11.14 Saturday
  • 11:31

日本人はシャイで、輪を乱すこと、自己主張することを嫌うので、グループレッスンはあまり向きません。
例えば、
一人の生徒だけが、長く話してしまう。
生徒同士で会話させるため、日本人の発音や間違った英会話を聞く機会が増えてしまう。
多人数の為、テキストに頼ることが多く、会話量が少ない。

 

当然ベテランの講師は、グループレッスンをうまくコントロールし平等に会話させるべきなのですが、

必ずしもいい先生に当たるとはかぎりません。
40分のレッスン時間に、5人の生徒がいた場合、5分会話出来れば良い方です。

そこで、マンツーマンレッスンを受講するのが理想ですが、費用が掛かりすぎるのが問題です。

大手英会話スクールでは、1レッスン10000円以上はすると思います。
以前私が務めていた英会話スクールでは、20000円以上していました。

目的がある生徒の場合、英会話を確実に習得するには、絶対に良い指導者が必要です。
もちろん、お金を掛けない独学で勉強するのもよいのですが、それには、限度があります。
行き詰った時に助けてくれるアドバイザーが必要なのです。

また、独学で勉強したことを使ってみる、いわゆるアウトプットの場が必要です。

英会話の一番の楽しみは、今まで勉強した、覚えた単語や文法をアウトプットできるかなのです。

 

そんな時に頼りになるのが、個人経営のコスパの良い講師のいるスクールです。
実際大手英会話スクール勤務の経験があるので、クオリティーは大手英会話スクール以上
広告やCM、スタッフ、設備にお金をかけていないので安いレッスンが実現するのです。

 

ほとんどの日本人は学校での授業、単語暗記、文法、英検と英語の勉強に時間を費やしてきました。

脳にはたくさん英語で勉強してきた引き出し、つまりliburalyを持っています。

それなのにそれをうまく使えないでいます。知っている単語なのに急に出てこないのです。

それは、使える場所がないからです。

使える場所がないと、引き出しの奥深くのトレイにしまい込んでしまいます。

一度使った英語は、よく使うトレイに置かれます。

だから、急な時やとっさの時に話せる人と話せない人が出てくるのです。

 

一度覚えた英語を滑らかに使えるようにしませんか?

次はアウトプットする機会を作ることが大切です。



 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM